子ども3人シングルマザーが受けられる高等職業訓練促進給付金とは?

シングルマザー高等職業訓練促進給付金 母子家庭が受けられる手当や制度

子ども3人連れて離婚し母子家庭となったら、シングルマザーとして一家を支える大黒柱にならなければなりません。

そのためには就職に有利な資格を取得したいと考えることもありますよね。

でも、専門的な資格を取るためには学校に通わなければならないものが多く、その学費を捻出するのが大変です。

そんなシングルマザーが利用できる「高等職業訓練促進給付金」をご存知ですか?

私が離婚の手続きを終えて、児童扶養手当の申請をしたときに、ひとり親をサポートする市の職員の方から「こういう制度があるよ」と教えてもらったので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

高等職業訓練促進給付金とは?

子ども3人 シングルマザー 給付金

高等職業訓練促進給付金というのは、ひとり親となった父や母が、就職のために資格を取るために1年以上養成機関へ通う場合、その間の生活費の負担を軽減するために支給される給付金です。

また、養成機関でのカリキュラムが修了したときに支給される「高等職業訓練終了支援給付金」というのもあります。

ただし、次のような条件があります。

高等職業訓練促進給付金の対象となる人は?

シングルマザー高等職業訓練促進給付金

母子家庭の母、父子家庭の父で、現に20歳以下の子どもを扶養している人です。

さらに次の条件をすべて満たす必要があります。

  • 児童扶養手当を受けているか、同等の所得水準である
  • 養成機関で1年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれる
  • 仕事または育児と就業の両立が困難である

市区町村によっては

  • 過去に同様の制度を受けていない

というのも条件の一つとなっていることもあります。

高等職業訓練促進給付金の支給額と支給期間は?

シングルマザー高等職業訓練促進給付金

高等職業訓練促進給付金と高等職業訓練修了支援給付金の、支給額や支給期間は次の通りです。

支給額

高等職業訓練促進給付金

市町村民非課税世帯・・・月額100,000円

市町村民課税世帯・・・月額70,500円

高等職業訓練修了支援給付金

市町村民非課税世帯・・・50,000円

市町村民課税世帯・・・25,000円

支給期間

高等職業訓練促進給付金

修業期間の全期間で、上限は3年。

平成30年度から、この給付金の支給を受けて准看護師養成機関を卒業する人が、続けて看護師養成機関で修業する場合は、通算して3年分の給付金が支給されます。

高等職業訓練修了支援給付金

修了後に支給されます。

養成機関でのカリキュラムを修了後、30日以内に申請する必要があります。

高等職業訓練促進給付金の支給対象となる資格は?

シングルマザー高等職業訓練促進給付金

対象となる資格は、市区町村によって違いますので、詳しくはお住いの役所や福祉事務所などで問い合わせてください。

ここでは、例を紹介ます。

  • 看護師
  • 准看護師
  • 介護福祉士
  • 保育士
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 理容師
  • 美容師
  • 歯科衛生士
  • 社会福祉士
  • 製菓衛生師
  • 調理師

など

高等職業訓練促進給付金に関する口コミ

 

まとめ

シングルマザー高等職業訓練促進給付金

高等職業訓練促進給付金は、就職のために資格を取得したいというひとり親への支援制度です。

母子家庭のシングルマザーの平均年収は223万円で、多くの家庭が貧困状態にあると言います。

仕事を見つけたとしてもパートやアルバイトがほとんどで、正社員として働くのって本当に難しいんですよね。

実際にハローワークに行ってみて実感しました。

私も保育士や看護師の資格を取ろうか…と考えたこともあり本まで買ったのですが、やはりど田舎ということもあって学校に通うのは物理的に無理でした。

市の職員の話によると、この地域ではやはり学校に通うのは無理なので、通信教育で取れる資格を狙う人が多いと聞きました。

私は結局在宅ワークで生きていく道を選びましたが、離婚を通して「こんな制度もあるんだ」、「シングルマザーでもこんな選択肢や可能性があるんだ」ということを知ることができたのは良かったと思います。

この先どうなるかわかりませんからね。

これから子連れで離婚する予定の方、シングルマザーとして頑張っていらっしゃる方へ、少しでも参考になれば幸いです。

コメント