学童保育の料金!母子家庭への助成はあるの?相場はどれぐらい?

母子家庭が受けられる手当や制度

子連れ離婚をして母子家庭となったら、シングルマザーとして家庭と仕事を両立していかなければなりません。

もともと仕事持っていたり、新たに見つかったとしても、子どもを預けるためにかかる保育料や利用料の負担って結構大きいものですよね。

我が家の場合は小学生の上2人が学童保育(児童クラブ)、末っ子が保育園に入ることができ、末っ子については第三子ということで保育園の料金はかかりませんでしたが、学童保育は月額一人5500円(2人で計11,000円)かかりました。

離婚が成立したばかりの頃、条件を満たせば学童保育の料金が一部免除されることを知り、早速申し込みをしました。

ここでは、私が住んでいる市で受けられる学童保育(児童クラブ)の保育料減免についてご紹介します。

これから子連れ離婚する予定の方、シングルマザーとして頑張っている方へ、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

学童保育の料金って母子家庭向けの助成制度はあるの?

母子家庭向け学童保育の料金免除

学童保育(児童クラブ)の保育料(利用料金)は、母子(父子)家庭向けの減免制度があります。

しかし、インターネットで調べた時は情報が得られず全く知りませんでした。

私は離婚が成立してから、学童保育の先生に連絡をしたときに教えてもらって初めて知ったのです。

学童保育の料金が減免となる対象者

次の条件のうちどれかに当てはまれば、対象となります。

1.母子(父子)家庭の児童(1人目から)

  1. 児童扶養手当または特別児童扶養手当を受けている人
  2. 生活保護の支給を受けている人
  3. 公的年金及び遺族補償を受けている人で、前年の所得が児童扶養手当の一部支給停止所得制限未満である人

2.きょうだい児童(兄弟姉妹が3人以上いて、1人以上が未就学児でありかつ、2人以上が同時に放課後児童クラブへ通所している場合、2人目から対象)

  1. 児童を養育する世帯の市町村民税所得割合算額が、県の定める限度額内である人であり、かつ義務教育就学前の児童を監護し、一定の生計関係を有する人。ただし、未就学児の保育所、幼稚園、認定こども園等にかかる利用料が国等の軽減措置において全額減免となる場合は、補助対象外。

学童保育の料金の減免額

減免基準額は一人当たり月額5,000円以内となっています。

学童保育の料金相場はどれぐらい?

学童保育の料金母子家庭への減免助成制度

ところで、学童保育の料金相場はどれぐらいなんでしょうか?

調べてみたところ、市区町村などで決められているのではなく、学童保育によってそれぞれ違うことがわかりました。

学童保育の料金例

我が家の子どもたちがお世話になっている学童保育の料金は

1年生~6年生・・・月額5,500円

長期休暇(8月)・・・月額7,000円

となっています。

同じ市でも他の学童保育の料金は

<月10日以上出席の場合>

1年生~3年生・・・月額5,000円

4年生~6年生・・・月額3,000円

長期休暇中(8月)・・・一律10,000円

<月10日未満出席の場合>

平日・・・1日あたり300円

土日・・・1日あたり500円

このように学童保育の利用料金は施設によって様々なので、詳しくは施設に問い合わせて確認してください。

またこちらの学童保育のホームページには、減免制度について次のような記載がありました。

母子家庭・多子(園に弟または妹が入所していて兄または姉が児童クラブ入所の児童対象)の方は保育料が減免されます。

減免申請書等の書類を配布されましたら、ご記入の上、 提出して下さい。

8月の保育料に関しては10日以上利用の場合、減免された差額、1~3年生は5,000円・4~6年生は7,000円を徴収致します。

このように説明してるところがとても少ないので、知らない人の方が多いのではないでしょうか。

学童保育の料金減免制度の申請方法

学童保育の先生からいただいた2種類の書類

  1. 放課後児童クラブ保育料減免申請書
  2. 市が前年の所得などを調べることに同意する旨の書類

に必要事項を記入し、印鑑を押して、先生へ提出しました。

その後、学童保育から市役所へ提出し、申請が通れば我が家の場合は1人当たり5,000円が減額されるとのことでした。

まとめ

学童保育の料金母子家庭への減免助成制度

学童保育(児童クラブ)の利用料金は、母子家庭向けの減免助成制度があります。

しかし、離婚の手続きをしたときに、市の職員さんからこの制度について説明がなかったので知りませんでした。

インターネットで調べてもあまり情報が見つからなかったのですが、いただいた申請書には「長崎県放課後児童健全育成事業の母子家庭等児童育成事業」という言葉があったので、県の制度だと思います。

子ども3人の母子家庭で、児童扶養手当を受けている場合は、学童保育の料金も減免される可能性があるので、学童保育の先生や役所などに問い合わせてみてくださいね。

特に子連れ離婚したばかりで子どもが小さいうちは、何かとお金がかかりますし収入も少ない家庭が多いと思います。

利用できる制度は最大限利用させてもらいながら、今後の生活を立て直していきたいですよね。

これから子連れ離婚する予定の方や、すでにシングルマザーとして頑張っていらっしゃる方へ、参考になれば幸いです。

コメント