【体験談】離婚も幸せになるため!会話のない結婚生活に終止符!子ども3人のシングルマザーへ!

3人子連れ離婚体験談 子ども3人離婚の体験談

30歳のシングルマザー歴7年の方が、子ども3人連れて離婚したときの体験談を話してくださいました。

元夫があまりにも寡黙で会話がなかったことや金銭的な問題で、3人子連れ離婚へ至り、一生懸命働いて子どもたちを養っています。

「結婚も離婚も幸せになるためにする」という言葉が印象的でした。

これから3人子どもを連れて離婚を考えている方へのメッセージなども寄せてくださいましたので、ぜひ最後まで読んでください。

スポンサーリンク

家族構成や離婚歴など

家族構成:自分30歳、長男13歳、次男7歳、長女5歳

離婚歴:7年

離婚を決意した時の仕事:水商売

現在の仕事:水商売

子ども3人連れて離婚したいと思った理由

私の実家では今日1日何があったかとか他愛ない会話が多かったのに対し、結婚相手といざ生活をすると他愛ない会話もなく長男には無関心だったんです。

その時に長男はまだ7歳で「このままじゃこの子の笑顔が無くなる」と感じました。

言葉数が少ない旦那さんでしたが、私にはそれがとてつもなく冷たい家の中に帰るような気持ちになりました。

そして最後には義理父が旦那さん名義で闇金でお金を借りていました。

金銭感覚も私の家庭と違うので、1人で生きていこうと決めました。

子ども3人母子家庭で経済的に困っていること

やはり両親がいる家庭と母子家庭は収入面が明らかに違います。

母子家庭が一生懸命働いても体を壊す、子供との時間を取れない、お金は貯まらないです・・・

経済的な問題を解決するために

今はひたすら働くことしかできません。

まだ下の子が小さいのでお昼の仕事も受かりません。

もぉ少し大きくなったら自分が将来したい仕事の資格を取ってそれを職業にしたいです。

子ども3人連れて離婚して良かったこと

私の考えは結婚も離婚も幸せになるためにするものだ。

と言う考えがあります。

今私しか子供たちを支えるしかありませんが、いつも子供たちと笑い会えること、少しずつ大きくなること、色んな言葉を覚えていくこと、反抗期、この全てが私の初めて感じた幸せです。

子ども3人連れて離婚して辛かったことや大変だったこと

まずお金がない。

親に相談しても離婚したのはあなたのせいでしょと言われ協力もしてくれませんでした。

子供が小さいときは必ずしもお昼の仕事は落とされます。

お昼の仕事で働いても生活費は足りません。

なので水商売を辞めずに続けてます。

でも本当は子供と一緒に寝たいです。

これから子ども3人連れて離婚する方へ向けてメッセージ

今は心も体も苦しくても、女性は子供を産んだ時から本当に心身共に強くなります。

なんだってできるようになります。

時にはもう無理だ!誰か助けて!と泣いたことすらあります。

でもその横には可愛い可愛い子供の笑顔が必ずあります。

不安の中でも必ず幸せはあります。

コメント