【体験談】夫・父親の役割を果たせないパートナーと妊娠中に子連れ離婚!

子ども3人連れて離婚の体験談 子ども3人離婚の体験談

42歳のシングルマザー歴2年の方が、子ども3人連れて離婚したときの体験談を話してくださいました。

パートナーは夫としても父親としても役割を果たせなかったようで、いちばん下の子を妊娠していた最中の離婚。

どんなに辛かったかと思います。

しかし、別れてから気持ちもスッキリして子どもたちの笑顔も増えたとのこと。

これから3人子どもを連れて離婚を考えている方へのメッセージも寄せてくださいましたので、ぜひ最後まで読んでください。

スポンサーリンク

家族構成や離婚歴など

家族構成:自分42歳、長男7歳、長女2歳、長男1歳

離婚歴:2年

離婚を決意した時の仕事:専業主婦

現在の仕事:市の臨時職員

子ども3人連れて離婚した理由

夫の子供に対する接し方がかなりひどかったのです。

おもちゃを片づけなければ取り上げる、良いことをしても褒めない、怒って育てるのがいいと思っていました。

そして専業主婦である私は子育てや家事に毎日追われているにも関わらず、夫の稼いだ給料で遊んで暮らしているとしか思っていなかったようです。

子ども3人連れて離婚して良かったこと

今は実家の父母にすごくお世話になっているのですが、とにかく子供たちがのびのび過ごしており、私も子供たちも自然と笑顔が出ています。

経済的には厳しいですが、自分たちで頑張って節約して旅行をしたり、外食をしたり、ちょっとした贅沢をするのが楽しみです。

子ども3人連れて離婚して辛かったことや大変だったこと

離婚を決意した時、3人目を妊娠中でした。

妊娠中に子供を連れて家出のような形で別居して実家に帰ったのですが、残された夫から脅迫ともいえるようなメールや電話があったり、弁護士を出して離婚するなどと脅してきたり、妊娠中にも関わらず全く考慮がなく、体調が悪くなり入院しました。

妊娠中の一番大変な時期に離婚に関する取り決めを行ったのですが、結局早く終わらせたいがために十分な条件を提示できず(金銭的なことなど)離婚届けを出してしまいました。

これから子ども3人連れて離婚する方へ向けてメッセージ

子供を3人連れての離婚は経済的にも大変ですが、別れた後はすっきりして夫に対する未練は全くありませんでした。

夫とのうまくいかない日々を送るよりも、思い切って別れた方がすっきりするし、自分にとっても子供にとっても最適な選択肢だったと思える日が来ると思います。

コメント