【体験談】夫の飲酒や暴力が激化!3人子連れ離婚へ向けてまずは別居!

3人子連れ離婚体験談 子ども3人離婚の体験談

35歳のシングルマザー歴1年の方が、子ども3人連れて別居したときの体験談を話してくださいました。

夫婦で自営業を営み、全く自由のなかった結婚生活。

経営が悪化したことで夫の飲酒や暴力が激しくなり、子どもさんがおびえてしまって別居に至ったとのこと。

現在もまだ離婚調停中ですが、子どもが伸び伸び生活できるようになり、精神的に楽になったそうです。

これから3人子どもを連れて離婚を考えている方へのメッセージなども寄せてくださいましたので、ぜひ最後まで読んでください。

スポンサーリンク

家族構成や離婚歴など

家族構成:自分35歳、長女12歳、次女10歳、長男7歳

別居歴:1年

離婚を決意した時の仕事:専業主婦

現在の仕事:実家が自営で建築業を経営していて、父が緑内障を発症し、車の運転等困難な事が多いため補佐をしている。

子ども3人連れて離婚したいと思った理由

夫婦で農業経営(畜産業)をしていましたが、元夫は私自身を都合の良い従業員扱いをしていました。

仕事も家庭も10年以上全く自由の無い生活でした。

夫婦2人で経営する規模としては大きかった事もあり、子供の行事にも出席する事も難しかったのです。

5年位前から経営が厳しくなり、その頃から元夫の飲酒量も増え、何か上手くいかない事があると頻繁に殴る、蹴る、物を壊すなどの行動に加え、夜中になっても自分の気がすむまで怒鳴り続ける日が増加していきました。

直接子供に暴力を奮ったわけではありませんが、末っ子が怯えて家でまともに食事が食べられなくなってしまうまでに悪化してきたため、昨年1月に警察に相談した上で別居を開始しました。

3人子連れ離婚に向けた話し合いでこじれたこと

現在も調停中ですが、相手は反省しているから離婚はしたくないと主張しています。

4回目の調停で1度は離婚に同意したものの、7回目の調停でまた離婚したくないと言う主張に戻りました。

面会交流も子供が会いたくないと主張しても、会う権利があると聞く耳をもたず、現在も調停が難航しています。

子ども3人の母子家庭で経済的に困っていること

離婚調停中である事と、相手に居場所を知られたくないため、住所を移動する事ができないことです。

万が一、重要な書類が相手が住む家に郵送される可能性がある以上、まともに就職する事ができません。

相手から毎月10万の生活費が振り込まれているだけで、親の援助がなければ生活が困難です。

子ども3人連れて別居して良かったこと

子供がのびのびしています。

今まで土日も関係なく仕事をしていたため、いろんな場所に出掛け、経験が増えました。

私の意見や子供の主張は全く通りませんでしたが、現在は家族4人で話し合って決める事ができます。

自分の時間ができたのも嬉しいです。

子ども3人連れて別居して辛かったことや大変だったこと

別居するにあたり、警察、市の育成課、弁護士等、いろいろな場所で今までの経過を話さなければならない事が思った以上に辛かったです。

子供3人を転校させるにあたっても在校していた学校でも何度も話し合いをし、市役所でも担当の課が違うたび事情を説明しなければなない事が大変でした。

これから子ども3人連れて離婚する方へ向けてメッセージ

自分の心が死んでしまう前に、自分の幸せを第1に考えてください。

私も結婚が早かったため相手からは「社会にでてもお前のような奴は生きて行けない」と散々言われていましたが、ここまで子供3人育ててきた力は半端じゃないので全然大丈夫です。

手遅れの人生になる前に前進してみてください。

コメント