離婚について相談するなら?家族・友人・公共の機関など!

離婚の相談 子ども3人子連れて離婚に至るまで

自分の心の中で「離婚する」という決意が固まっても、「本当にこれで良いんだろか」という不安がつきまといますよね。

それに一人で悶々と悩んでいても、あまり冷静に考えられないことが多いです。

そんな時は第三者に相談することで気持ちがずいぶん楽になるし、的確なアドバイスや意見をもらえることがたくさんあります。

この記事では私が実際に相談をした人について、それから公共の機関で離婚の相談ができる場所について調べてみたことをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

私が実際に離婚について相談した人

離婚の相談

私は元夫への違和感や、彼との生活で悩み疲れていたことをプライベートのブログやSNSでつぶやいていました。

どちらかというと、私は何でも一人で抱え込むタイプで、人には弱みを見せたくないと思っていたのですが、この件に関してはもう吐き出さずにはいられない状況まで追い込まれていたのです。

でもそうやって吐き出したことが幸いしたと思っています。

普通に見れば夫への愚痴や不満ですが、何か感じる人は感じてくれるんです。

まず私の両親、特に母親が私の異変に気づいてくれました。

そして仲の良かった友達が、相談に乗ってくれました。

しかもその友達は離婚経験を持つ知り合いが身近にいて、すごく親身になってアドバイスをしてくれたのです。

両親

両親は、さすがですね。

私が精神的にかなり参っていることを感じて、直接会いに来てくれたり電話でとことん話を聞いてくれました。

離婚したい気持ちを話すと、さすがに少し戸惑いはありましたが、子どもたちも私もかなり苦しんできたことを知ると、理解してくれましたし協力してくれました。

父親はあまり出てきませんでしたが、とても心配していることはわかっていました。

最初は「離婚するほどのことなのか?」と言っていたそうですが、離婚を考えるまでになった原因と思われる「大人のアスペルガー」や「カサンドラ症候群」についての本を渡して読んでもらうと、もう何も言いませんでした。

友達

私が元夫との生活に疲れ果てていたけど、まだその原因がはっきりわかっていなかった頃。

「誰かこの原因がわかる人がいたら教えてほしい!」と藁にもすがるような思いがあって、ネット上で思いをぶちまけました。

誰かに聞いてほしい、相談したいんだけど、誰に話せばいいかわからない。

だから不特定多数に向かって発信してみたんです。

すると、心配してくれた人がたくさんコメントをくれました。

でもほとんどは

  • 男ってそんなもんだよ!
  • うちの旦那も同じようなところあるよ!気にしない、気にしない!
  • 気にし過ぎなんじゃないの?

という内容です。

これは仕方のないことだから、気にしないでください!

本当に自分の苦しみや悩みを理解してくれる人は、同じような体験をした人か、身近にそういう人がいるか、その分野について詳しい知識を持っている人だと思います。

そうでなければわからないのは、本当に仕方のないことなんです。

だから、そういう上辺だけのコメントは一切気にしない!

きっと臭いを嗅ぎつけるじゃないけど「ぴーん!」ときて親身になって相談に乗ってくれる人が見つかります。

私は見つかりました!

「ひょっとして旦那さんはアスペルガーとかの可能性があるんじゃないかな?」とか

「実は私の親友が離婚経験者で…」とか

「身近に同じようなことで悩んだ人がいて調べたことがあるんだけど…」とか。

何かしら分かり合える人が寄ってきてくれます。

そういう人が見つかった時は嬉しかったですね!

事情を詳しく話して、とことん聞いてもらい、相談に乗ってもらいました。

  • 離婚を選択するのは悪いことじゃない!と背中を押してもらえた
  • 弁護士に相談すると手続きは楽だけど、中には費用をぼったくるところもあるから要注意!
  • 「すごくわかる!」と共感してもらえた

など、理解してくれる友達が見つかって、私の苦しみを吐き出せたこと、貴重なアドバイスや意見をもらえたことでずいぶん楽になれたし心強かったです。

この記事を読んでいるあなたも、夫側に大きな原因があって離婚を考えていると思うので、身近に相談できる人がまだいないのなら、ちょこちょこっとヒントになるような言動・態度・仕草・症状などを発信してみるのも一つの手かもしれません。

ただ、ネットという環境においては面白おかしくネタにする人もいるので、閲覧できる人を制限するなど、そこは慎重に。

離婚について相談できる公共の機関

離婚の相談

  • 身近に相談できる人がいない
  • 離婚の話し合いがうまくいかない
  • お金のことでもめそう

もし自分がそんな状況だったら、公共の機関を利用するだろうと思い調べてみました。

法テラス

実は私はちょっと前まで「法テラス」という言葉さえ知らなかったのですが、SNSでつながっていた人が離婚経験者で、「私は法テラスを利用しました!」という口コミを聞いたのがきっかけで知ったんです。

法テラスというのは、正式名称は「日本司法支援センター」と言って、国が設置した法的トラブル解決のための総合案内所といった役割をになっています。

例えば「離婚したいけど誰に相談したらいいかわからない!」「どうやって進めていったらいいかわからない!」という人へ、解決までの道案内をしてくれるところです。

面談、電話、メールなどで問い合わせが可能で、それぞれの悩みに応じた法制度の手続きや、相談窓口を紹介してもらえます。

CHECK⇒ 法テラストップページ

行政書士

私の概念では「離婚の相談は弁護士」と思っていたのですが、いろいろ探していると離婚の相談を受け付けている行政書士さんのサイトを見つけました。

その中に次のような内容がありました。

『弁護士 or 行政書士 どちらに相談するかのポイント』

徹底的に争って、なるべく良い条件で離婚したい場合は、弁護士に相談するべきです。ただ、相手方も弁護士を立ててくる場合が多く、弁護士費用はそれぞれのの負担となり、掛かった時間と費用の割に望んだ結果にならないことも考えられます。

一方、当事者同士である程度の折り合いをつけ、なるべく早く解決したい場合は、行政書士のほうが比較にならないほど安価ですので、結果として良かったという場合が少なくありません。

離婚相談長崎のサイトより引用

実は離婚協議書を作ったあと、公正証書にするかどうかという段階で、こちらの事務所にメールで問い合わせをしたことがあるんです。

無料で詳しく説明していただき、とても助かりました!

弁護士

もし弁護士を探すことになったらどうするかな?ということで、実際に検索してみました。

「離婚 相談」と入力すると、たくさんの弁護士事務所のサイトが出てきますよね。

この中からどこを選んだらいいのか?はっきり言ってわかりません。

もし、友人や知人の中に弁護士を通じて離婚した経験者がいれば、口コミを聞くのがいちばんだと思います。

そんな情報も入らない場合は、自分の直感を信じてネットから探すしかないのかなと思います。

私が長崎の弁護士を探していて、何となく目を引いたのがこちらのサイトでした。

CHECK⇒ 弁護士ドットコム

ゴリゴリの広告などがないし、実際に利用した人の声がたくさん載っていたことと、弁護士さんのそれほど飾ってない写真付きだったので、なんとなくいいなと思ったんです。

ただの私の直感で、利用したわけではないので悪しからず。

離婚について相談するなら?家族・友人・公共の機関など!のまとめ

離婚の相談

私が実際に相談した人は両親と、わかってくれる友達でした。

もしそんな人が身近にいなければ

  • 法テラス
  • 行政書士
  • 弁護士

に相談したと思います。

実際、行政書士さんには別の段階でしたがメールで何度かやりとりをさせていただき、とてもいい印象を持ちました。

相談できる人がいると、心が安らぐし、とても心強いです。

あなたも一人で悩まないで、ぜひ相談できる人を見つけてくださいね。

コメント

  1. ひろみ より:

    勇気でました ありがとうございます

    • ポジティブシンママ ポジティブシンママ より:

      ひろみさま
      コメントありがとうございます(≧▽≦)
      そう言っていただけると嬉しいです!