母子家庭の子育ては辛い⁉子ども3人シングルマザーの生活平日編

シングルマザーは辛い 子ども3人母子家庭の生活

子ども3人連れて離婚したシングルマザーや、母子家庭の子どもたちに向けられる目というのは「哀れみ」が多いのは事実ですよね。

しかし実際にシングルマザーや、母子家庭で育っている子どもたちってそんなに辛いのでしょうか?

我が家はシングルマザーになって、母子家庭になって幸せになりました!

ここでは我が家のドタバタな平日の生活の様子をご紹介します。

これからシングルマザーになる人、母子家庭になることで凹んでいる人にとって、少しでも元気が出るきっかけになれば幸いです。

スポンサーリンク

母子家庭の子育ては辛いの?シングルマザーの平日の生活

シングルマザーは辛い

結論から言うと、母子家庭の子育ては楽です!

我が家は離婚した原因が、

  • スマホ中毒で私や子どもたちともコミュニケーションが取れない
  • 子どもに対する暴言暴力
  • 計画性のない衝動的な行動を取る

など夫側にあり、私も子どもたちも散々苦しんできたし、とても子育てについて方針を話し合ったり、気持ちを共感したりすることができなかったので、離婚前もほぼワンオペ育児でした。

当時の様子はこちらに記録しています。

CHECK⇒ アスペルガー夫の子育てはただの機嫌取り!?

なので、今は晴れてひとり親となって、ペースも乱されず規則正しい生活が送れるし、変に甘やかす人もいなくなったので、子育てについては一貫性が保てています。

子ども3人を育てているシングルマザーである私の平日のスケジュールはこんな感じです。

ちなみに仕事は在宅ワークのみです。

CHECK⇒ 子ども3人のシングルマザーの仕事!在宅ワークで生きる道

子ども3人のシングルマザーの仕事!在宅ワークで生きる道
子ども3人連れて離婚するときに、とっても不安なのがお金と仕事ではないでしょうか。 私が離婚当時子どもたちは9歳、7歳、2歳で、これから母子家庭としてやっていくとなった時、生活費・教育費・自分の老後のことも考えると正直不安でたまりません...
7:00 小学生2人が登校
朝食後の片付けや掃除など
8:20 末っ子を保育園へ
残りの掃除などを片付ける
9:00 仕事
12:00 昼食(ほとんど残り物ですませる)
13:00 仕事
16:00 夕食の準備や洗濯物の片付けなど
17:00 子どもたちを保育園と学童保育クラブへ迎えに行く
17:30 保育園から持ち帰った服を洗濯しながら夕食準備
18:00 夕食
片付けしながら子どもの宿題を見る
末っ子は満腹になれば一人で遊べる
19:00 お風呂
トイレ、風呂掃除
次の日の朝食の仕込み
ピアノの練習
日誌や腹筋運動など
20:30~21:00 就寝

子どもの病院や行事がなければ、普段はこんな生活をしています。

買い物は昼休みの時間か、子どもたちのお迎えの前、休みの日などにまとめて行きます。

食事の準備中に末っ子が泣いたり、おもちゃをぶちまけたり、上2人の兄妹ケンカが始まったり…とそりゃあドタバタです。

でも、元夫がいた時よりは断然「楽」です!!!

元夫は、仕事の時間が不規則で勤務時間も休日もバラバラだった上、ほとんど家事は手伝ってもらえなかったので毎日振り回されていました。

その上、人一倍食べる人だったので、ご飯を作るのが本当に大変でした。

仕事柄洗濯物も多かったし、トイレもお風呂もキッチンも汚しまくるし、夜更かし大好きだから電気代は半端なかったし、夜中の物音もすごかったし…

今はイライラすることもなくなって、とても規則正しい生活が送れるようになったので、夜もグッスリ眠れて健康的!

元夫がいた時は、月1~2回の割合で体調を崩していましたが、離婚してから風邪一つ引いてません。

母子家庭の子どもって辛いの?我が家の3人の子どもたちの様子

母子家庭 子ども 辛い

母子家庭の子どもって辛いでしょうか?可哀そうなんでしょうか?

我が家の3人の子どもたちの様子を見ている限り、そんなことは全くありません!

幸い、うちは国際結婚で夫婦別姓、子どもたちも元から私の姓を名乗っていたということもあり、離婚しても学校や保育園では特にこちらから話さない限りバレることはありませんでした。

かと言って離婚して母子家庭になったことを隠していたわけでもなかったので、親しいママ友にはどんどんカミングアウトしていました。

事情が事情だったので「かわいそうに」と言うコメントは一切なく「良かったね!これで子どもたちも幸せになれるね!」という見方の方が多かったんです。

実際、子どもたちは父親と離れてから笑顔が増えました。

そりゃケンカもするし、私と言い争いになることはありますが、父親に対してイライラすることがなくなったので、家の中の雰囲気が激変したんです。

まず私が毎日明るく楽しく過ごしているので、それが子どもたちにも伝わります。

子どもたちに対する声かけも自然と明るくポジティブなことばかりになるので、子どもたちも生き生きとして、特に長男は自分に自信が持てるようになってきました。

学校でもなかなか友達や先生に話しかけられなかったんですが、今では積極的に自分から交流できるようになって、先生もその変化に驚いています。

真ん中の娘は、父親がいた時はびっくりするほど汚い言葉遣いをしていたことがあったのですが、それがすっかりなくなりました。

まあ、多少友達の影響で下品なことを言ったりはしますが、内面から出るオーラは全然違います。

家の手伝いや弟の世話もよくやってくれるし、自分のことを自分でやろうという面が見られるようになったんです。

末っ子は発達障害もあってどれほど認識しているのかはわかりませんが、スマホで子守をさせられることもなくなったし、抱っこばかりで拘束されることもなくなって、自由に伸び伸びしている感じです。

母子家庭になったことで、子どもたちがいい方向に変化している。

このことは、たまに会う私の実家の両親も感じています。

我が家は母子家庭だから、シングルマザーだからって暗い感じは全くありません。

シングルマザーで辛いことってある?

シングルマザーは辛い

シングルマザーで辛いことってあるのかな…とふと考えてみました。

強いて言えば、瓶のふたが開けられないとか力仕事をするときでしょうか。

でも、離婚前から家のことはほとんど私一人でやってきたので、男手がないことをそこまで辛いとか不便だとかは思いません。

水道の修理、電球の交換、重い荷物を運ぶ、などなど普段から私の仕事だったので、お陰で体力も筋力も兼ね備えてます。

私一人でできないことは大家さんや、お隣のご主人に頼んでいるので、今のところ生活上で辛いことってほとんど思いつきません。

まとめ

シングルマザーは辛い

私は子ども3人を連れて離婚しシングルマザーになりました。

子どもたちは母子家庭の子どもとなりました。

でも、そのことで辛いとか悲しいとか感じることは全くなく、逆に明るく前向きになれたし、毎日楽しくてとても幸せです。

子どもたちにお腹いっぱい食べさせなきゃ!しっかり育てなきゃ!っていう気持ちがあるから、どんなことも前向きに取り組めています。

元夫に対する変なイライラや我慢がなくなったお陰で、今やっていることは「やるべきこと」じゃなくて「やりたいこと」に変わりました。

私の人生、本当にいろいろありましたが、今が一番楽しくて充実しているんじゃないかなって感じています。

一度しかない人生。

せっかく離婚したんだから、シングルマザーライフ・母子家庭生活を楽しまなきゃ損ですよね!

コメント